FC2ブログ
--------(--)
+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-03-28(Sun)
+

「視点をずらす思考術」 森達也

多様な価値観とか、国際的な視点とか、いろんな人の立場に立って考えるとかよく言う。
この本を読むと、具体的にはどういうことなのかがよく分かる。
「視点をずらす」って、いい考え方だと思った。
多様な価値観で考えるのも、国際的な視点に立つのも、自分が持ってる特有の視点をずらして見てみることから始まる。

自分が常識と思っていることを疑ってみる。

とても納得したところは、「過剰な危機管理意識が先制攻撃をしかける戦争の本質だ」という点。
外国人の犯罪が増えている。不安だ。あそこに外国人がいる。外国人は危険だ、敵だ。外国人がいた。あいつは悪だ。排除しなければ!

こんなことが、いろんな人を対象に行われている。
少年が危ない、ゲームが危ない。
子どもを虐待から守らなければ、体罰から守らなければ。
北朝鮮は危ない、オウムは危ない。

社会に、善意からきた疑心暗鬼が満ちてきていると思う。

でも、本当に危ないの?
本当に犯罪が増えているの?
実際のところは、少年犯罪は減っているし、昔は口減らしとして公然と子どもが殺されていたけど、もはやそんなことはない。

常識としてみんなが考えていることが、事実なのか。
他の見方はないのか。
ちょっと視点をずらして周りを見ると、ぜんぜん違う面がいっぱい出てくるに違いないと思う。

誰が言ったか分からない「常識」にとらわれる必要なんて全然ない。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー&アーカイブ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
作家別カテゴリ

トラックバック
検索フォーム
RSS
リンク
記事一覧

すべての記事はココをクリック

最新記事
最新コメント
プロフィール

のびんこ

Author:のびんこ
since 2008.12.8

読書の記録です。
感じたこと・考えたことを好き勝手に書いています。
自分の読書記録です。

著者さくいん(著者一覧)」をご覧ください。

植物の生長記録もあります。
パキラ・カランコエ・ポインセチア・シクラメン・コーヒーの木などがいます。

ブクログ本棚
いらっしゃい
BLOGRAM
解析によると・・・
読書ブログのはずなのに、読書への想いは「まだなんともいえない」らしい。
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。