FC2ブログ
--------(--)
+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-29(Sat)
+

「キネマの神様」 原田マハ

すっごくすばらしい本!
久しぶりにとても感動して、涙が出るくらい読みながら心がさわいだ本。
いつの間にか、自然に笑顔になって、ニコニコしながら読んでました(気持ち悪いかも・・・)。

映画を軸に、シネコン誘致を目指す大手を辞めた娘、ギャンブル依存で借金だらけの父、低迷する老舗映画雑誌社の人々、引きこもりの息子、忘れられつつある名画座、海を越えたライバル、一癖も二癖もある人たちがつながっていきます。

とにかく、ずっと優しい雰囲気が流れていて、いい映画の世界を描くいい本です。

「観るたびに思う。映画は旅なのだと。
 幕開けとともに一瞬にして観るものを別世界へと連れ出してしまう。名画とはそういうものではないか」
(本文より引用)

同じように、本も旅なのだと思う。
ページをめくれば、それだけで本の世界に引き込まれてしまう。
本にはただ黒い文字が並んでいるだけなのに、一瞬にして色鮮やかな世界に連れ出されてしまう。
すごいパワーを秘めた“本”という媒体に出会えて、私はとてもしあわせです。

題  名:キネマの神様 The Name above the Title
著  者:原田マハ
発  行:文藝春秋
発行年:2008.12
シクラメン、シクラメン、恩田陸、ポインセチア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー&アーカイブ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
作家別カテゴリ

トラックバック
検索フォーム
RSS
リンク
記事一覧

すべての記事はココをクリック

最新記事
最新コメント
プロフィール

のびんこ

Author:のびんこ
since 2008.12.8

読書の記録です。
感じたこと・考えたことを好き勝手に書いています。
自分の読書記録です。

著者さくいん(著者一覧)」をご覧ください。

植物の生長記録もあります。
パキラ・カランコエ・ポインセチア・シクラメン・コーヒーの木などがいます。

ブクログ本棚
いらっしゃい
BLOGRAM
解析によると・・・
読書ブログのはずなのに、読書への想いは「まだなんともいえない」らしい。
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。