FC2ブログ
--------(--)
+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-04(Fri)
+

「MOMENT」 本多孝好


死を間近にした者の願いを叶えてくれる必殺仕事人がいるという。患者の願いを、たった一つだけ、でも必ず叶えてくれる仕事人は、病院の掃除夫に身をやつしているらしい。

もしそんな者がいるとしたら、どんなことを頼む?


病院を舞台にして、死が間近な人が出てくる。
なので、それだけでちょっとしんどかった。
主人公・神田と友人の葬儀屋・森野のシーンが、そんなに楽しい心躍る会話ではないけどちょっとホッとできるところだったかも。

死に直面するという、自分の未体験の状態にある人に、自分を見失わずに相対することのできる神田がすごいと思った。
死に行く人の立場で考え行動するのではなくて、自分の立場で自分の思いで動くことができる。
そうして動いた結果、人を想った行動になっている。
自分に正直に動くことが、結果としてその人を想うことになるのかも。

いろいろ気を使ったり、その人の立場とか思いを慮ったり、その人がして欲しいことを想像したりして行動することが多い。
けど、それが同情みたいになるのはイヤだなと思ってる。
そしたら、神田みたいに、自分の思いに正直に動くのが一番いい方法なのかもなぁ。

だって、人間はけっこう思い込みが多いから。
小さいときから病弱で、ずっと入院している薄幸の美少女が世間知らずな女の子とは限らないし。

「僕の気分の問題です」


FACE/WISH/FIREFLY/MOMENT


題  名:MOMENT
著  者:本多孝好
発  行:集英社
発行年:2002.8

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー&アーカイブ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
作家別カテゴリ

トラックバック
検索フォーム
RSS
リンク
記事一覧

すべての記事はココをクリック

最新記事
最新コメント
プロフィール

のびんこ

Author:のびんこ
since 2008.12.8

読書の記録です。
感じたこと・考えたことを好き勝手に書いています。
自分の読書記録です。

著者さくいん(著者一覧)」をご覧ください。

植物の生長記録もあります。
パキラ・カランコエ・ポインセチア・シクラメン・コーヒーの木などがいます。

ブクログ本棚
いらっしゃい
BLOGRAM
解析によると・・・
読書ブログのはずなのに、読書への想いは「まだなんともいえない」らしい。
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。