FC2ブログ
--------(--)
+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-06-06(Sun)
+

「殺人ピエロの孤島同窓会」 水田美意子

36ページにして断念。最後まで読めませんでした。

外部との連絡の途絶えた孤島で、突然「殺人ピエロ」により殺害され始める同窓生たち。
そんな緊迫感とか絶望感の中、やたらとノリが軽く、緊張感なく、ふざけている登場人物たち。
せっかくの設定も、うまく表現できていないようです。

物語に流れがなく、起きている現象(無秩序殺人)と登場人物たちの感情がうまくリンクしていなくて、読み手としては物語に入り込めず取り残されていっている気持ちになりました。

12歳の中学生が書いた、ということで本書は話題となりました。
話題にはなったかもしれませんが、出版し、1100円ものお金を払って読ませるだけの価値がある、と出版社は判断したのでしょうか。
作品のおもしろさ以外のところで話題になっても、読者も作者もそんなに嬉しくないのではないのかな、と思います。
というか、私はぜんぜん楽しめませんでした・・・

とりあえず、久しぶりに最後まで読めなかった?

題  名:殺人ピエロの孤島同窓会
著  者:水田美意子
発  行:宝島社
発行年:2006.3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー&アーカイブ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
作家別カテゴリ

トラックバック
検索フォーム
RSS
リンク
記事一覧

すべての記事はココをクリック

最新記事
最新コメント
プロフィール

のびんこ

Author:のびんこ
since 2008.12.8

読書の記録です。
感じたこと・考えたことを好き勝手に書いています。
自分の読書記録です。

著者さくいん(著者一覧)」をご覧ください。

植物の生長記録もあります。
パキラ・カランコエ・ポインセチア・シクラメン・コーヒーの木などがいます。

ブクログ本棚
いらっしゃい
BLOGRAM
解析によると・・・
読書ブログのはずなのに、読書への想いは「まだなんともいえない」らしい。
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。