FC2ブログ
--------(--)
+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-07-18(Sun)
+

「天体の回転について」 小林泰三

「おすすめSF」ということで図書館で予約をしたら、来たのがこの表紙。「むむ・・・? ライトノベル・・・」と思いましたが、中身は“本格SF”です。

設定の妙で楽しむ8編。
さまざまに理論的設定が展開されて、頭がついていかなくなりますが、科学的な論理が次々と語られることもおもしろさの一因になってると思います。

それぞれに個性的な物語です。
「あの日」でSFをメタ的に取り上げているのがおもしろかった。
無重力が当然の世界で生活してる人が、重力のある地球での犯罪トリックを考えたら・・・
おもしろい考察です。

インパクトがあったのが「性交体験者」。
快楽殺人事件を追う女性刑事を主人公にして、SF的設定で語った物語。
人間の世界だから「命は大切に」とか言うけど、そんなことのない世界ってたくさんあるもんなぁ・・・
このお話までの3編で、SF的思考に目を白黒させているので、こんな設定でも意外とあっさりと受け入れられるものです。
それとも、自分が女性だから?

こんな表紙ですが、とてもおすすめの1冊です。

天体の回転について/灰色の車輪/あの日/性交体験者/銀の船/三00万/盗まれた昨日/時空争奪

題  名:天体の回転について
著  者:小林泰三
発  行:早川書房
発行年:2008.3

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー&アーカイブ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
作家別カテゴリ

トラックバック
検索フォーム
RSS
リンク
記事一覧

すべての記事はココをクリック

最新記事
最新コメント
プロフィール

のびんこ

Author:のびんこ
since 2008.12.8

読書の記録です。
感じたこと・考えたことを好き勝手に書いています。
自分の読書記録です。

著者さくいん(著者一覧)」をご覧ください。

植物の生長記録もあります。
パキラ・カランコエ・ポインセチア・シクラメン・コーヒーの木などがいます。

ブクログ本棚
いらっしゃい
BLOGRAM
解析によると・・・
読書ブログのはずなのに、読書への想いは「まだなんともいえない」らしい。
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。