FC2ブログ
--------(--)
+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-02(Sat)
+

「四季 秋」 森博嗣

S&Mシリーズのその後で、Gシリーズでは「λに歯がない」辺りまでの話のようです。
これまでは真賀田四季の視点で語られていましたが、今回はS&Mシリーズと同様、西之園萌絵の視点です。
「すべてがFになる」で残された謎が犀川先生によって解かれようとしています。
それすらも、真賀田四季にとっては予想通りなんでしょう。

「春」「夏」までは、四季シリーズだけでも何とか楽しめたと思いますが、今回の「秋」はこれまでのシリーズを読んでいるほうが楽しめると思います。
私はVシリーズが未読なので、四季シリーズで関係性を知った上でVシリーズを読むことになります。
どの順でシリーズを読んだかによって、それぞれの物語の見え方が変化してくるのだと思います。

森博嗣は「四季から読んだほうがいいかも」と言っています。
私は、先にVシリーズを読んでいたらよかったかも、と思っています。
このシリーズにも登場するVシリーズのキャラクタ(瀬在丸紅子・林・各務亜樹良・祖父江七夏)と思われる人たちのことを全然知らないにも関わらず、知っていたほうが楽しめるであろう要素が多いからです。

題  名:四季 秋 White Autumn
著  者:森博嗣
発  行:講談社NOVELS
発行年:2004.1

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カレンダー&アーカイブ
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
作家別カテゴリ

トラックバック
検索フォーム
RSS
リンク
記事一覧

すべての記事はココをクリック

最新記事
最新コメント
プロフィール

のびんこ

Author:のびんこ
since 2008.12.8

読書の記録です。
感じたこと・考えたことを好き勝手に書いています。
自分の読書記録です。

著者さくいん(著者一覧)」をご覧ください。

植物の生長記録もあります。
パキラ・カランコエ・ポインセチア・シクラメン・コーヒーの木などがいます。

ブクログ本棚
いらっしゃい
BLOGRAM
解析によると・・・
読書ブログのはずなのに、読書への想いは「まだなんともいえない」らしい。
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。