FC2ブログ
--------(--)
+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-11(Mon)
+

「黒猫の三角」 森博嗣

Vシリーズ第1弾。瀬在丸紅子さんのシリーズ。

登場人物が楽しい。
Gシリーズや四季シリーズで登場してる怪しい人物・保呂草潤平氏は探偵だったことが分かって、ちょっと意外。
瀬在丸紅子と息子のへっ君、林さん一家も登場。
四季シリーズを読んだ今、いろいろ分かってしまってるのだが、先に種明かしされてから読むのも楽しい。
ちょっとした叙述トリックにもにんまりしながら読める楽しみが・・・

阿漕荘の面々も、ユニークな人たちがたくさんいます。
まず、香具山紫子。
神戸出身なのに、なぜかバリバリの大阪弁。
小鳥遊練無のキャラも好き。
女装の人にありがちな、単純にややこしい背景を背負わされていない(今のところ)ところも、スッキリしていていいな。

探偵・保呂草氏は、他のシリーズにもちょくちょく顔を出すのでおなじみだったのだけど、これを読んで新たな謎ができた。
それぞれのシリーズに出てくる「保呂草さん」はどっち?

お話の中で、「動機が理解できない、という事態は、社会に不安を与えるものらしい」と述べられています。
昨今、よく言われている「安全」の問題の一端だと思う。
何か殺人事件が起きると、動機が推測される。
それが了解可能なもの(怨恨、保険金・・・)ならテレビは安心して犯人を非難する。
理解できないもの(誰でもいいから殺したかった、イライラして・・・)であれば、「心の闇」なんて陳腐で使い古した言葉を使って安心したがる。

それに対して、瀬在丸紅子は言うのです。
「遊びで殺すのが一番健全だぞ」
「仕事で殺すとか、勉強のために殺すとか、病気を直すためだとか、腹が減っていたからとか、そういう理由よりは、ずっと普通だ」


題  名:黒猫の三角 Delta in the Darkness
著  者:森博嗣
発  行:講談社NOVELS
発行年:1999.5

Vシリーズ第1弾

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

こんにちは。
時々おじゃましております。
森博嗣さん、たくさん読んでらっしゃいますね。
この紅子の科白は私も印象に残りました。
逆説のようでいて、なるほどと納得してしまいました。

Happy Flower Popさん!!

コメントありがとうございます~
ちょっとPCから離れてまして、お返事がこんな時に・・・
ごめんなさい

紅子さんのセリフ、私も「言われてみればなるほど」って思いました。
森博嗣は、こういう常識の転換みたいな自由さが好きです。
カレンダー&アーカイブ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
作家別カテゴリ

トラックバック
検索フォーム
RSS
リンク
記事一覧

すべての記事はココをクリック

最新記事
最新コメント
プロフィール

のびんこ

Author:のびんこ
since 2008.12.8

読書の記録です。
感じたこと・考えたことを好き勝手に書いています。
自分の読書記録です。

著者さくいん(著者一覧)」をご覧ください。

植物の生長記録もあります。
パキラ・カランコエ・ポインセチア・シクラメン・コーヒーの木などがいます。

ブクログ本棚
いらっしゃい
BLOGRAM
解析によると・・・
読書ブログのはずなのに、読書への想いは「まだなんともいえない」らしい。
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。