FC2ブログ
--------(--)
+

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-22(Sun)
+

「乙女の初恋」 折原みと

いつもお邪魔している惺さんが折原みとを紹介されていました。
折原みと!懐かしい!!
触発され、およそ20年ぶりに折原みとを読みました。

名家の令嬢ばかりが集まる鎌倉の全寮制女子高校を舞台に、2年生に進級した風子の初恋と成長物語、みたいな。

お嬢様の親友たち、「お姉さま」と慕ってくる後輩、子どもの頃に出会った男の子と、陶芸で出会った訳あり少年。
かわいらしい後輩は実は・・・

これは・・・実にベタです! 
なってほしい方向に進む物語。予定調和のお約束的お話で、笑っちゃうくらいです。
でもなんか、こういう安心感もいいかも。
イラっとしつつ、意外と楽しめました。

こういうところで育ったお嬢様って、将来どんな道に進むんだろ。
いわゆる“良妻賢母”を育てる学校。
グローバルな現代に、「帰国子女なのよ」と自慢したり、家柄や社長令嬢であることで勝負する世界。

なんか、皇太子妃・雅子さまを思い出しました。
お嬢様だけど世界を舞台にバリバリ仕事してた雅子さま。
自分の力で自分の世界を生きてきた人が、この学園のお嬢様たちのように「誰か」の娘や妻であることで勝負する世界にきてしまった。
彼女のカルチャーショックと無力感はどんなものだろうと思います。

題  名:乙女の初恋
著  者:折原みと
発  行:ポプラ社
発行年:2010.11

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

こんばんは!

おひさしぶりですうー!!
お待ちしておりました☆☆

これは「乙女の花束」の続編ですね。
う~ん、あのレトロなムードかもし出す、
一昔(ふた昔?半世紀?)前の少女小説の雰囲気抜群ですよね!
そんな雰囲気づくりが巧いなあと思います、折原みとサマ。

のびんこサンの雅子さまに対する鋭い洞察に考えさせられました。

あの…ハナシはガラッと変わりますが、
ぜひともリンクさせていただきたいのですが。
いかがでしょうか?
ヨロシクおねがいいたします。

No title

本当にお久しぶりです。

植物の植え替えシーズン到来ですねw
私のパキラももうそろそろ植え替えです・・・。
あ~めんどくさいwww

打って変わって(すみません・・・)、画像の件ですが、コーヒーの木の画像を数枚いただけないでしょうか。
育て方のコーナーを作成していて、のびんこさんの写真がとってもきれいでトップに掲載したいかと願っております。

急な連絡申し訳ございませんでした。

No title

度々すみません・・・。

実は私もツイッターをやっているのですがのびんこさんをフォローしましたがよろしいでしょうか?(事後報告になってしまい申し訳ございません・・・。)





惺さん

こんばんわ!

乙女の世界、読みましたのよ。
知らずに借りたら(図書館)、続編でした。
惺さんも書いてはったけど、花言葉がいいですね~
赤いシクラメン「嫉妬」!とか。
こういうベタでお約束な安心感もおもしろかったです。

雅子さまは・・・ いや、彼女は大変だろうなぁと日々思ってましたのです。

リンク、ありがとうございます。
私、FC2のリンクってあんまりよく分かってないんだけど、よかったらお願いします。
私はリンク機能使ってないのだけど、最近リンク使いたいなと思ってるので、そのときには私もリンクさせてください。

ポンダ宮さん

ごぶさたしてました~

コーヒーの画像、気に入ってもらえて嬉しいです。
実は、コーヒーさんを去年枯らせました・・・
在りし日のコーヒーさんの姿を使ってやってくださいませ。

twitter、あんまりチェックしてませんでした。
フォローって承諾制じゃないと思ってるので、もうそれは、どうぞどうぞです。
カレンダー&アーカイブ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
カテゴリ
作家別カテゴリ

トラックバック
検索フォーム
RSS
リンク
記事一覧

すべての記事はココをクリック

最新記事
最新コメント
プロフィール

のびんこ

Author:のびんこ
since 2008.12.8

読書の記録です。
感じたこと・考えたことを好き勝手に書いています。
自分の読書記録です。

著者さくいん(著者一覧)」をご覧ください。

植物の生長記録もあります。
パキラ・カランコエ・ポインセチア・シクラメン・コーヒーの木などがいます。

ブクログ本棚
いらっしゃい
BLOGRAM
解析によると・・・
読書ブログのはずなのに、読書への想いは「まだなんともいえない」らしい。
twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。